2013年12月12日木曜日

TX650(XS650)あとちょっと 整備色々

エストレアはまた材料待ち
 
自分の段取りの悪さに驚きますw
 
その間にTX一気に進めます。
 
まず右クランクカバー外します。
 
 
クラッチ点検します。
 
まずクラッチスプリングへたってないか見ます。
 

規定値34.6ミリ
ちょっと長いぐらいですw
年式によって42ミリもあります。
 

クラッチフリクションプレートは規定値3ミリ
減ってません。
 

クラッチハウジングも多走行車ならここに段付き出来たりして切れが悪くなったりします。
全く大丈夫です。

xs、txはクラッチ弱いです。

調整も少しシビアです。
 
今までのXS、TXのクラッチは二台に一台くらい滑ってたような気がします。
 
 
その他点検して洗浄してガスケットキレイに剥がしてオイルストーンあてて
クランクケースカバーをバフがけしてキックペダルシャフトのオイルシール変えて等地味に時間かかります。
 
続きまして左側
 
 
ここの点検箇所はまずオルタネータ
 
ローターの抵抗値を計ります。
 
規定値通り5オームで問題なし
 
ブラシもほとんど減ってません。
 
あと一番オイル漏れの多いクラッチプッシュロッドのオイルシールは一度変えているみたいですが、
 
上からグレーの液ガス塗ってます。
 
たぶんミスったのだと思います。
 
スプロケのオイルシールと合わせて交換します。
 
 
点火系はコイルは抵抗値計って規定値外でしたので交換。

ポイントやコンデンサーはとりあえず交換。
 

 
これは右がクランクカバー右側のオイルフィルター
 
左がクランクケース下側のオイルフィルター
 
こちらよくある紙の使い捨てフィルターとは違いまして真鍮の細かい網で出来ています。
 
洗って使ってください的な感じです。
 
しかしごしごし洗うとすぐ破れるので優しく洗います。
 

こちら制作したバッテリーケースです。
 
スイングアーム下に付きます。