2013年11月27日水曜日

TX650(xs650)一気にペイント

 シリンダーはボーリング出してるんでその間ヘッドまわりみていきます。
とりあえずバルブ外してシート面当たり幅チェック
規定値は1.3㎜
今までの車両は倍ぐらいの当たり幅になってる事が多かったのでシートカットが必要になってました。
この車両は、、、
なんと1.3㎜!
当たり面カーボンも噛んでないし
一度ヘッドに手を入れているのかな?
バルブガイドのガタも無いです。
カーボン除去して擦り合わせぐらいで済みそうです。

この車両ほんと程度良くて作業が楽です。
くたくたな車両は大変。
しかしそんな車両でも一個一個のパーツからボルトまで
丁寧に錆び落としやリペイントしていけば見違えた様に蘇ります
バイク知らない人が見たら「これ新車?」って言います。まじで(笑)
結局どんなベースでも毎回同じレベルまで仕上げます。
続きまして各部ペイント前にあっちこっちスムージングしていきます。
これはステムアンダーブラケットの要らない部分をバンドソーでカットしてます。
削る手間省く為にぎりぎりまでカット
フロントフォークボトムケースのフェンダー取り付け部分もスムージング


そして塗装
とりあえすフレームから

フレームなんかは艶ありブラックですが、ステムやステー類は半艶、
ハンドルは艶消しって感じで微妙に変えてます。
そっちの方がメリハリがでてイイです。
一晩置いて、ネジ山をダイスやタップでさらって、グリスアップしながら転がる状態まで組み付け
タンク、フェンダー、電装ボックスはカスタムペイントするので仮組してイメージ
こんな感じにって頭に浮かんでいるけど再現するのが難しい

 最近物凄くいい色(味?)って思った画像を拝借
  • 色ってか錆び
    黒ベースに赤錆色とプライマーのくすんだブルーがいい
    自分あんまりハイテックな感じの塗装は好きじゃないです。
    どちらかと言うとクラシックな雰囲気が好き
しかしカスタムペイントはほんとセンスが大事ですね
ペイントで台無しにならないようにしよう!

一気に塗ってしまいたいですが車の急ぎの仕事が入ってきたのでしばしお預け