2014年7月11日金曜日

xs650 エストレア 続き

xs650大体フレームは終わりまして、タンクに続きますが、
 
ピータンハイマウントの予定でしたが、、、
 
ん、なんだろ~な~
 
 
なんか違うなー
このピータンの形もいつもと違う。

 
で、違うピータンでローマウント
 
うん、しっくりきた!
 
マフラーはトラのを拝借

最初のでも悪くはないけど、ここはぼくの好みで。
 
xs650のネック角が立ち気味なので、寝かしたらタンクのハイマウントも似合うかな?
 
ネック角変更してみたいけど、大がかりな治具が必要になります。
 
いずれは。
 
 
今回のシートレールはメインチューブからその角度のまま降ろしてきてます。
 
サス付きなのに少しリジッドフレームぽいシルエットになったかな?
 
 
スイングアーム40ミリロング
 
絶妙じゃないすか!
 
 
フォークカバーも違った雰囲気出ていいですね。
 
このXSは注文ではないので気になる方はぜひ連絡ください!
 
今ならペイントなど自由に決めれます。
 
もう忙しくてたまらないのでxsは放置しまして
 
 
エストレア リジッドフレーム組んでいきます。
 
慣れない事もあって試行錯誤しながら進めてます。
 
 
溶接の強度や歪を極力抑える為にも擦り合わせをしっかりします。
 
 
溶接した所が冷えた時に収縮して引っ張りあいますので点付けで組んでいって最後に本溶接
 
 
 
 こんな感じです。
 
最後にスイングアームの必要ない所を撤去します。
 
溶接前にしっかり寸法見てバッチリでしたが、スイングアーム撤去してからフレームとホイールのセンターが2ミリずれてました。
 
溶接の歪です。
 
修正機に固定しまして軽く修正しました。
 
新車でも誤差は当然有ります。
 
でもそのままではなくしっかり修正する事が大事です。
 
 
Nさん、ちゃんと進めてます!w
 
持ち込みのTYタンクが長いので5センチロングの車体でバランスいいと思います。
 
続く。